家族葬のメリットとデメリット

最近人気の家族葬ですが、どんなところにメリットがあるのでしょうか?料金プランから当日の流れまで詳しく見ていきましょう。 - 墓石の彫刻についての説明

墓石の彫刻についての説明

良いお墓にしたいという思いも含めて、墓石に彫刻をすることが多いです。
新しく墓石を建てる場合の費用として、基礎彫刻というものが必要になります。

どのような彫刻をするの?

基礎彫刻とは、家名や題字や題目、そして建立者名、や建立日などのことを言います。
最初に支払う時のお墓の代金に入っていることがほとんどです。
でも戒名彫刻において、別途彫刻費用がかかることもあります。
そのほかにも、一人目は墓石費に入っていても、二人目から後の場合には別の費用がかかることもあるのです。
基本的に、一人あたりの追加彫刻の表は、3万円から5万円が相場と言われています。

お墓に刻まれる文字

この文字に関しては昔は、経文や梵字だけでした。
でも戦国時代になってくると、武士階級が墓石に戒名や法名を刻むようになったのです。
その後江戸末期になってくると庶民の間でも、一般的にそれをするようになってきました。
墓石に俗名や本名を刻むようになってきたのです。

削り直しや追加彫刻について

既に彫刻された文字を消して、再び彫刻を入れるということも可能です。
この場合には、削り直しと磨きという工程が必要です。
墓石の再設置の費用や、削り直しの費用もかかってきます。
遺骨を埋葬した時に、故人の戒名を追加することになります。
現場に彫刻用の機会を持ちこみ、作業をすることが出来る場合には、比較的安い費用で出来るのですが、石碑や墓誌を取り外してから彫刻をしなければいけない場合には、設置費用というものも加算されることになります。

関連する記事

:次の記事 →