家族葬のメリットとデメリット

最近人気の家族葬ですが、どんなところにメリットがあるのでしょうか?料金プランから当日の流れまで詳しく見ていきましょう。 - 納骨堂とは

納骨堂とは

皆さんは「納骨堂」というものをご存知でしょうか。
お墓の1つの種類と認識している方もいらっしゃるでしょう。
ここで、納骨堂の説明をさせていただきたいと思います。

納骨堂とは?

簡単に言えば、遺骨を預け保管・管理をしてもらう」という施設が納骨堂なのです。
ですから、お墓を建てるまでの間、一時的に預けておくという方もいらっしゃるようです。
もちろん、そのような利用方法もありますが永代納骨も可能となっているのです。
人口密度の高い地域などは、墓地が不足していてお墓が建てられないなどということもあります。
そのようなときに納骨堂をお墓の代わりに利用するという方もまた増えているのです。
ここで気になるのは「墓埋法」です。
この法律は、墓地以外への埋葬は禁止という法律なのですが納骨堂は問題ないのでしょうか。
答えから言えば問題はありません。
なぜならば土の中に埋めるのではないからというのがその理由になります。
ただし、各地域の都道府県時によって納骨堂として許可承認を受けていることが前提となります。
さらに、お墓を建てるときに永代使用権というものを取得しますが、納骨堂においては「遺骨の寄託契約」称されます。
ようするに、納骨堂に預かってもらう権利を取得するというものです。
納骨堂も様々な種類のものがありますので、利用をされたいという方は比較検討してみると良いでしょう。
料金的にも負担にならないものが多いので、幅広い方に取り入れていただけるものでもあるのです。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →