家族葬のメリットとデメリット

最近人気の家族葬ですが、どんなところにメリットがあるのでしょうか?料金プランから当日の流れまで詳しく見ていきましょう。 - お墓の相続について

お墓の相続について

古くからお墓を先祖代々によって所有し管理しているという場合も少なくないでしょう。
このような場合、管理者などが変わることも十分に考えられます。
では、お墓というものにおいて相続は必要となるのでしょうか。

相続とは

まず、相続についてですが特別な手続きなどを行う必要はありません。
これは裁判で継承が決まったなどというケースにおいても同様なのです。
ですから、そのまま受け継ぐという認識でよいかと思います。
ただし、霊園や寺院などにを利用されている場合において、永代使用権の所有者が代わったという時には届出が必要となります。
届出をせずにいると、毎年の支払いが必要となる管理料の請求が出来ない状況になってしまい、トラブルの元ともなりかねないのです。
ですから、相続をするという時には使用許可証の書き換えを行う必要性が出てくるのです。
また、寺院墓地などを利用されている方で檀家に入っているというばあいは、その勤めも同時に継承することとなるでしょう。
ですから、届出を行うことでそれ以降は層損しゃも檀家としての扱いをうけることとなるのです。
その際、相続者が改宗をしたなどという場合や檀家に入ることを拒否したという場合には利用を断られてしまう可能性もあります。

まとめ

このような場合は改装をせざるを得ない状況にもなるでしょう。
相続そのものには税金などはかかりませんが、手続きを行う事柄はあるということはお分かりいただけたかと思います。
いざというときのためにも覚えておくと良いでしょう。

関連する記事

  ← 前の記事: