埋葬方法あなたは知っていますか?

お墓・霊園選びは大切です。埋葬方法等の常識、あなたは知っていますか? - 埋葬方法とお墓の関係

埋葬方法とお墓の関係

お墓を考えるときに大切なのが納骨方法です。
大切な人の最後の舞台です。きちんと心をこめて、安心して眠らせてあげたいですね。
日本では火葬が一般的ですが、土葬でも法律上は問題ありません。故人を自然な姿のままで天国に送りたいという人は、土葬を選んでもいいでしょう。
まだまだ日本では馴染みのない土葬ですが、利用することは可能です。
親族や生前の故人ときちんと確認をとって行うのなら問題はありません。
しかし、遺体を火葬せずにそのまま土葬するのは宗教的・衛生的な問題があり、あまり行われていません。自治体の条例やお墓の規則で土葬を認めていない場合があります。
お墓の購入を考えているようなら、こういった納骨方法も重要です。
よほどの宗教的理由がない限り、土葬にそれほど拘る人もいないでしょう。しかし、どうしても土葬がした場合は、それを受け入れてくれる墓地や霊園を探す必要があります。そうしないとお墓を購入することができません。
qyufyut最近ではお墓を必要としない埋葬方式もあります。
一般的な火葬や土葬以外にも、遺体を風化させて自然なままの姿で埋葬させる『風葬』や海や川に遺体を流す『水葬』などがあります。
こういった方法を受け入れても良いですが、お墓をどうするかはきちんと考えておきましょう。
風葬や水葬の場合でもお墓は必要な場合があります。
しかし、お墓を受け入れてくれる墓地や霊園がそういった特別な埋葬方法を認めない場合もあります。
どうしも故人がそういった埋葬を希望しているのなら別ですが、普通の埋葬方法である火葬を行ったほうがトラブルが少ないです。
お墓をただ購入しただけでは自分のものにすることができません。
一般的にお墓を購入するということは、使用権を購入することを指しています。もちろん、墓石や土地も重要ですが、使用権をどう購入するかをきちんと理解しておきましょう。
お墓を購入するときに注意したいのが『永代使用権』についてです。永代使用権はお墓の使用権を得るという内容意外にもいろいろな事を含んでいます。きちんと確認しておかないとトラブルの原因にもなります。
例えば『永代使用権を得た人は管理料を徴収する』という規定があるのかもしれません。そういった場合は、きちんとその規定に従う必要があります。
従わない場合は、墓地所有者の永代使用権を取り消されることもあるのです。
そうでない場合でも後々のトラブルの原因になることは間違いないでしょう。
はじめてのお墓探しのは【http://ohakaguide.com/】こちらの方でお探しください。無料相談受け付けております。
永代使用権は墓地所有者と契約するところから始まります。公営墓地の永代使用権は簡単に手続きすることができます。
都道府県や市町村に対して『使用許可申請書』を提出すればいいのです。
これが民営墓地になると少し変わってきます。
墓地所有者と申込者との間で契約を交わすことになるからです。
寺院墓地の場合は、基本的に檀家と契約することになります。
墓地購入を検討している人は、永代使用権を販売している業者を見つけることもあるでしょう。そういった場合でも契約相手は『墓地所有者』で、永代使用権のルールも変わりません。
自分がこれから契約しようとしている場所が、どういったところなのかきちんと把握しておきましょう。